読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろんなキッカケ

「いろんなキッカケで次々に行動を連鎖させていく才能」要するに「イキアタリバッタリ力(りょく)」を 、ポジティヴに捉え、日々のいろんなキッカケとそれによって学んだことなどを記録していきます。

「書店で見かけた事」からの「知識の広がり」

書店には毎日行く必要はないし、
週一でも必要ないかと思います。

3~4週間に一度ぐらいのペースでざっと覗くといいかなぁ、と思います。

書店には「アナログの良さ」を感じます。

基本的には画面が一つしかないインターネットブラウジングで、
テキストや画像を視覚的に処理して
クリック、クリックして行く見方と、

実際の目の前の空間にある
膨大に陳列された書籍や雑誌のタイトルや表紙のイメージを
視覚的に処理して、興味を抱いたものを手に取り立ち読みする見方。

デジタルな前者より
アナログな後者の方が圧倒的に良いです、自分は。


書店に行くと
すごく刺激をもらえます。

たまにしか行かないことが
また更にその刺激度合いを増加させていると感じます。

日常ではないからインパクトがある、記憶に強く残る。
興味が欲求として強く残る。

過去に定価で購入する楽天ブックスではなく
Amazonで中古本を購入したら、
10円とかで売っているのに(送料は250円、笑)
全く気にならないほどキレイで
私の読みたい情報への欲求を確実に満たした、という事実に味をしめ、

最近ではもっぱらAmazonで本を探します。

書店でその場で気になった本や雑誌を購入することもありますが、
インターネット上で探し直した方が選択肢がさらに広がるので。

代わりに書店ではよく文具類を購入しますね。

さて、
キッカケは書店で気になった本ですが、
Amazonで検索しているとどんどん関連書籍が表示されるので、
どんどん漂流していき同じ分野の内容でも
最初に探したタイトルではなく、異なる著者のものに辿り着いて
それを購入することはザラです。

図書館に欲しい本があるとは限らないし、
それ以前にこの市に来て行ったのはまだ1度しかないし、汗、
Webで蔵書検索しても欲しい本が貸し出し中とか、
借りても貸出期間延期できても、それでも返さないといけないプレッシャーとか、

そんなことを考えたらAmazonで買った方が良いです。

誰が触ったかわからないなんて、図書館も同じだし、笑。

欲しいのはあくまでも内容だから。

本を買っても繰り返し読む習慣のない私は、
如何に最初の興味のインパクトをバネに
読んだ時にその知識を自分の脳内に取り込んでしまうか、がポイントです。

もちろん全部取り込めないので、
それを補う目的で自分の手元にその本を所有するのですが
これがまた滅多に開かないんですよねぇ、、、。

だから最初に買って届いた時に読む、その時が重要!


これらの本がここ2~3カ月間の間で私の手元に増やした本達です。
こんな事に興味を持っています。
送料が250円で本体が数十円でも、元々新品なら1000円以上することが多いので、
大満足です。

皆さんももし興味がある内容がココにあったら適当にクリックして、
そこから広がっていくイキアタリバッタリの世界で本を探してみては?

(一応Amazonアフィリエイトになっているようなのですが、楽天市場と違うので仕組みはよくわかりません〜。私は画像を表示させたいだけなので、お気になさらず〜!)

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―

昨年12月初めから実践中で1カ月半経過、順調です。

エブリデイ冷え子の冷え取りラボ

とっても読みやすいフレンドリーな感じです。簡単お手軽に取りかかれる雰囲気に満ちた内容に思えます。

温め美人プログラム―「冷え」を取るだけで、女の悩みはすべて解決する

毎朝、朝食は摂らないで紅茶にジンジャーパウダーとオリゴ糖を入れて飲んでいます。

以前は甘みを付けるためには砂糖の代わりに良かれと思って蜂蜜を使っていたのですが、最近知り合った、インドでアーユルヴェーダを学んできた女性に「アーユルヴェーダでは温かい蜂蜜は『アーマ』と呼ばれ、悪とされると聞いたことをきっかけに、慌ててオリゴ糖に変えました。

また、生姜の温め効果は何年も前に話題になりましたが生の状態では温め効果は無いそうです。(香りと消化促進作用はあるそうですが)

温め効果は乾燥させた状態で発生するようなので、乾燥させてかつ粉末状でくまなく摂取できる状態が温め効果はナンバーワン!と信じております。詳細を知りたい人はちょっと検索すればすぐヒットすると思います〜。

家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法―食材の選び方、下ごしらえ、食べ方の工夫まで

この本は今から読むために手元にある本です。食に関して添加物や保存料などなどの毒性や発ガン性や、プライベートブランドが怖いとかいーろいろそういう本やムックを書店で見かけたので、どの本を買おうか迷って、よし除去方法から先に知っておいた方が効率いいな、と思ってこの本を選びました。

広告を非表示にする