いろんなキッカケ

「いろんなキッカケで次々に行動を連鎖させていく才能」要するに「イキアタリバッタリ力(りょく)」を 、ポジティヴに捉え、日々のいろんなキッカケとそれによって学んだことなどを記録していきます。

自民党勝利にガッカリという検索クエリは多い

とりあえず自民党が勝った結果が

現実で感じる空気や世論と違っておかし過ぎて、

理不尽過ぎて、

またどうせ不正や操作が行われたんだろう、、、と思うばっかり。


「どうせ」っていう言葉をネガティヴ表現に使いたくは無いけど

心から軽蔑する対象に対しては、ぴったりな表現。


無気力、無関心、及び諦めの有権者の数を大いに利用して、

その間に好き放題やっちゃうっていうね。


経済増強だとか消費税云々以前に

あの嘘吐きっぷりがもう、

お前の言う事をこれ以上どう信用しろというのか、

期待しろというのか、、、


悪党に投票する人間は悪党じゃなかったら何なんだろうか。


でも超ガッカリした事があって、

「前回の民主党の時みたいになるのが嫌だから、

どうせ変わらないから自民党に入れた、

若手が頑張ってくれるかなと思って入れた」

なんていう人が、実は私の身内で居て

私は過呼吸になるぐらい失望しました。


その私の身内は悪党では無いけれど、

たかが一票でも、

例え不正で調整されるのだとしても、

その投票についての姿勢には

かなりの衝撃を受けたのでした。


以下、山本太郎さんのブログから抜粋。

選挙なんて!|山本太郎オフィシャルブログ「山本 太郎の小中高生に読んでもらいたいコト」Powered by Ameba

「与党議席過半数割れ」、が実現しなければ、どうにもならない。

そんな事は、この二年間安倍政権の乱暴狼藉、採決が行われれば
一瞬で吹き飛ばされる現実に何度も唇を噛んだあなたなら忘れたわけではないはず。

暴君を倒すには大きな塊、スイミーになるしかない。

スイミーって?
小魚が大きな魚に喰われない様に一つになって危機を乗り切ったお話。
沖縄はそれを実践し、今回、オール沖縄は勝利した。
素晴らしい。
直近の危機から何を守るか、
「この選挙での」最終獲得目標はなにかがハッキリしているからこその勝利。
言いたい事は腹六分。
横に繋がり受け皿になれば、
各野党が上げていた「暴走をストップ」は難しくとも、
「スローダウン」は実現した。
結果は出た。
これから先、特定秘密保護法の時の様な、
国会内で野党間協力はもちろん必要。
ただ、既存の政党でなく、新しい選択肢となり得る、
危機感を持つ多くの市民の集結、塊になる事が必要。
今回の結果に危機感を持つ市民の繋がりを、
賛成・反対の既得権益で、あぐらをかく既存の政党への交渉材料になり得る勢力が、
まずは必要。
茶番の国会に風穴を開けるのは、横に繋がった、新しい市民勢力。
来年の統一地方選、その次の参議院選、その前後にある衆院選
受け皿を呼びかける事が出来る市民勢力、市民政党を誕生させよう。
あなたが動けば、変化する。
力、貸してください。
もう次の準備を始めませんか?
わくわくしながら  

ていうか、もう、、、

早く一掃してくれないかな、こういう地球上の真っ黒な存在。

私も勿論、山本太郎さんの言うスイミー軍団に入りたいです。

英国人の友人とも今の日本はヤヴァイね、、、っていう話題になりました。

もう、世界の恥ですよ。


今に始まった事じゃないけど、

メディア統制なんかに屈しない

本物の気骨あるメディアが無くて情けない国、日本。


今の首相、ほんと癌ですよ。

広告を非表示にする