読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろんなキッカケ

「いろんなキッカケで次々に行動を連鎖させていく才能」要するに「イキアタリバッタリ力(りょく)」を 、ポジティヴに捉え、日々のいろんなキッカケとそれによって学んだことなどを記録していきます。

爬虫類人への質疑応答、面白いから参考コピペ2

本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 22:31:39.47 ID:h/QJlHpv0.net

 
家族を守るとかそういう概念はありますか 
ちなみに1さんは何歳くらいですか
 
 
117: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 22:39:27.99 id:OHG4W03d0.net

 

>>115 
家族を守る概念は教育以外には、無い。必要がない。自分はまだ100年も生きてない若い男です。肥満体型のw
 
 
118: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 22:42:44.19 ID:h/QJlHpv0.net
 
学校ではいじめはありましたか
 
 
119: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 22:46:23.68 id:OHG4W03d0.net
 
>>118 
人間でいうところのイジメという行為はないよ。殺して食べることはあっても無駄な争いは誰も起こしません
 
 
120: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 22:49:10.19 id:agL1oedG0.net
 
火星に住んでいる宇宙人は爬虫類種族と昆虫型ってききますがほかの宇宙人種族とかいますか
 
 
123: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 22:56:01.35 id:OHG4W03d0.net
 
>>120 
そりゃあ沢山出入りしてるよ。火星は行ったこと無いからよく知らないけど、地下都市のジャンプルームで出入りしてるよ
 
 
121: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 22:53:39.70 id:OHG4W03d0.net
 
大きな育児施設があるんだけど、そこに常勤することもできて、女王系統の子供の育児ができるんだ 
すぐに自分らのサイズを越えちゃうけど、けっこう興味あるよ。そこに常勤するのはね 
ちなみに今の女王は15m近くある
 
 
122: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 22:54:39.55 ID:h/QJlHpv0.net
 
なるほど、他人を陥れるとかとか、ねたむ、そねむ、ひがむとかそういう感情が 
なさそうですね。そういう世界なら成立するかもしれないですね。 
ムダをそぎ落としたまっすぐな欲って感じ。
 
 
124: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 22:57:44.67 id:OHG4W03d0.net
 
>>122 
よく理解できたね。そこが地球の地表に住んでる未熟者な君ら人間の出来の悪さの大きな要因の大部分なんだよ
 
 
125: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 22:57:58.25 id:agL1oedG0.net
 
そうなんですね  
土星とかには宇宙人っているんですか?
 
 
126: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 22:59:08.13 id:OHG4W03d0.net
 
>>125 
たくさん出入りしてます
 
 
127: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:05:41.00 id:WLwmmQ0u0.net
 
人は一応、知性があるけれども 
殺して食べることに罪の意識とかはないんですか?
 
 
131: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:11:36.89 id:OHG4W03d0.net
 
>>127 
無いね
 
 
134: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:17:03.51 id:WLwmmQ0u0.net
 
>>131 
なるほど。まあ僕も豚や牛を食べることに罪の意識感じないからな。
 
 
139: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:21:37.86 id:OHG4W03d0.net
 
>>134 
それでも人がペットとしてミニブタなんかを飼うと普通に愛情もって接するよね。それと同じことだよ 
罪悪感に囚われたり特定な愛情に固執することは無い。人間がそういうジレンマで悩むのは未熟だからだよ
 
>>139 
>罪悪感に囚われたり特定な愛情に固執することは無い。人間がそういうジレンマで悩むのは未熟だからだよ 
これ凄い気になる 
罪悪感とかエゴってカルマってやつですか?
 
 
202: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 01:07:31.57 ID:6YGUekdU0.net
 
>>199 
身勝手で自分の事ばかりに固執してるから、どうやって安全を確保すればいいか悩んだ結果が意識の分断として現れて 
罪悪感を感じるんだよ。すべてのものは一つ。これを理解できれば罪悪感なんて感じないよ
 
 
215: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 02:06:19.75 id:PiexZ69+0.net
 
>>202 
回答ありがとう、なんか自分のこと言われてるみたいなんだけどw 
頭悪いもんでちょっとすぐには理解できない 
 
自分的には、罪悪感は本能に対する理性のツッコミだと思ってたんだけど 
理性的でもある貴方達は本能のまま を食べても罪悪感を感じないらしい、なんで? 
もしかして人間って魂の経験体験のために自己矛盾とか罪悪感を感じるシステムを 
あらかじめ備えてんじゃないか、それをカルマていうのかなー 
とかイミフな事を考えたんだけど 
全てはひとつという意識、認識が大事なんですね 
ちょっとじっくり考えてみます
 
 
234: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 10:46:18.24 ID:6YGUekdU0.net
 
>>215 
自分の本能を悪と定めて、理性的に君らは社会維持に努めようとするのは分かるけど、その結果はどう? 
本能は悪ではない。むしろ理性的であろうとすることが自分の臆病さの肯定に過ぎないのでは? 
すべては一つだと認識せざるを得なくなる経験はしたことないの?
 
 
416: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 16:27:39.48 id:PiexZ69+0.net
 
>>234 
少なくとも自分は理性を悪とは思ってないよ 
本能を理性で封じるような常識に疑問を感じてるし、 
これ続けたら衰退するんじゃないのって思ってる 
ただ、本能による種の存続を最優先事項としたら、 
私自身は淘汰される側の人間に分類されるんだ 
それでもこうやってのうのうとネットやって生きられるのは 
弱者を切り捨てない不合理的な社会維持の賜物なワケで 
この罪悪感が未熟であるからだというなら、成熟した生き物の考えにとても興味が湧いたんです 
そのあたりが素粒子の体験の為だという魂の話とも無関係ではないのでは、とも 
 
>すべては一つだと認識せざるを得なくなる経験はしたことないの? 
巡り巡ってひとつじゃないかと想像する事はあるけど、 
残念ながら体験はしたことない。体験したら苦しさは消えるのかな? 
 
色々答えてくれてありがとう、とても興味深かったです
 
 
438: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 19:30:28.75 ID:6YGUekdU0.net
 
>>416 
いえいえ、こちらこそどうも。こうした感謝の言葉のやり取りは君らにとって美徳とされるものだが 
それはお互いに別々の存在である。という認識あってのもの。もちろん種族や個体としても別物だと分別できるが 
自分たちはそういった個々人である、という分別にあまり拘りは持っていない。例えば、地表の文化的な話しで言うと 
よく日本人は集団主義全体主義などと言われてるけど自分たちから観れば顕著な個人主義に見える 
我々のほうがずっと全体主義だと言えるね。社会全体のために何かに従事せねば為らないことは何一つ無く自由ではあるが 
 
隣人との微妙な差異に囚われて苦労を感じるならば、宇宙の景色の画像、あるいは夜空でも眺めてみれば、個体のちっぽけさを感じる筈
 
 
474: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 21:25:33.07 ID:37eQ4fGw0.net
 
>>438 
本当にこれ 
お前本物だろ 
俺もそうだからわかる
 
 
129: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:06:30.95 ID:h/QJlHpv0.net
 
日本の天皇家とイギリスの王室は実は親戚ということですか
 
 
133: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:15:36.79 id:OHG4W03d0.net
 
>>129 
そうかも知れないけど、あまり複雑な事情まではよく知らないよ。日本の古代天皇家は竜座出身。イギリスはどうだろう 
オリオン座の爬虫類人じゃないの?ごめんね適当で
 
 
135: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:17:51.21 ID:h/QJlHpv0.net
 
弱肉強食の地底ではもっぱら筋力トレーニングがかかせませんか
 
 
141: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:25:23.33 id:OHG4W03d0.net
 
>>135 
トレーニングの類いは一切しない。トレーニングなんかしても意味がないことは、ライオンやゴリラを見れば一目瞭然 
あれはミオスタチンという筋肉成長を抑制するタンパク質が殆んど出ていないから生まれつきマッチョ 
その代わり大量の食事が必要な高燃費体質。自分らは骨格が頑丈だし戦闘向きっちゃ戦闘向きだけど、女王系統には勝てない
 
 
144: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:32:58.15 ID:h/QJlHpv0.net
 
>>141ということは生まれてしばらくした時点で、周りにおける自分の立場というか 
役割というものを理解するわけですか。弱く生まれればそれまでで、その弱いなりの 
役割を果たすだけですか。
 
 
148: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:36:53.92 id:OHG4W03d0.net
 
>>144 
そういうこと。自分もまた弱い方だよ。だからと言って特に何も不満はない
 
 
145: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:33:32.72 id:agL1oedG0.net
 
2011年か2012年にアメリカや世界各地で空から音が聞こえるという事があって、それが地下から音がしてるんじゃないかという話がありましたが何だったのか知っていますか
 
 
151: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:40:53.81 id:OHG4W03d0.net
 
>>145 
アポカリプティックサウンドと言われてる奴ね。準備が整い次第に次の行動に移れの合図では? 
聖書にもラッパを吹く天使の話しがあるでしょ。異星人の悪だくみの段階過程終了の合図かも知れないね~
 
 
149: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:39:24.85 id:xIuLpkof0.net
 
言語について教えてほしい。地下では言語を用いてコミュニケーションや教育などをしているのか。用いているならそれはどんな言語か。 
1は日本語で書き込んでくれているのか、自分らの言語で書き込んだものがこちらには日本語に見えているのか。 
数字は全宇宙共通なのか。
 
 
155: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:48:51.04 id:OHG4W03d0.net
 
>>149 
言語を使用する場合と、言語でしか交信手段がない種族と、発音が不可能な為にジェスチャーや図面で交信する場合と 
眉間などを虹色に光らせてダイレクトに情報や感情のやり取りをする種族と、同化して直接情報を共有するガス状など 
色々あるけど、おもに自分が住んでる場所とそこの知的生物との交信手段としては、進んでる方が遅れてる方に合わせる 
しかない 
 
共通の記号羅列はない。あるとすれば遠い昔に文明が絡んでる場合のみ
 
 
153: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:42:44.55 id:qTW6D+Xj0.net
 
人間より強くて頭がいいのに 
地下に引きこもったまま地上侵略しないのは何故ですか?
 
 
158: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:55:55.28 id:OHG4W03d0.net
 
>>153 
地上は環境が不安定だしそこまで居心地は良くないから別に欲しくないよ。気候変動や自然災害は多いし隕石も降ってくる 
登山なんかして綺麗で壮大な景色みるのもまあ地表の良さではあるけど、地球の内核のほうがもっと綺麗だよ
 
 
156: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 23:50:04.09 id:agL1oedG0.net
 
すいません大変だと思うのですが爬虫類人、宇宙人、人間をふくめた地球の歴史をなるべくこまかく教えてもらいたいのですが 
何万年前に何があったとか年表で表してもらうとわかりやすくてありがたいです
 
 
161: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:11:40.63 ID:6YGUekdU0.net
 
>>156 
長すぎてすべて把握できてないけど、人間型と爬虫類型はよく戦争してた。昆虫型と爬虫類型は永遠のライバル 
太陽系に限ればだけど。そもそも宇宙は広すぎるし銀河系だけでもすべて把握はムリ 
 
地球に限れば、異星人が2つの月を配置して環境造りはじめて1つは廃棄した。そのあと重力場が強まって撤収 
(星の質量があがると重力は強くなる) 
そのあと恐竜が人型に進化して居住区を地下に移した頃に、二ビル星の人型が他の爬虫類人との戦争が休戦してから 
地球にきて地球の人間を造った。はじめはクローンで生殖器は後付け。そのあとはまた放置してる感じ 
大雑把でごめん。年表はめんどくさいよ
 
 
169: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:30:26.74 id:zYUWLvXf0.net
 
地底では日常の仕事とかあるんですか。
 
 
171: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:34:00.61 ID:6YGUekdU0.net
 
>>169 
特に義務化された労務はありません。個々人が興味あることだけを自発的に行えて、だからこそ進歩も効率的で速い
 
 
170: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:31:09.76 ID:6YGUekdU0.net
 
そういえばそう。地球には最強の生物兵器があるよ、とくに日本ではよく食べられてるけど消化は不可能なもの 
 
「納豆菌。ナットウキナーゼ」ね。変様すると凄く危ないよ 
 
炭疽菌の一種で最も凶悪な最近なんだけど、面白いのがそれで滅ぼされた星があって、その星全体がネバネバになって滅んだ 
草も樹も動物も海洋生物もあらゆるものがネバネバに分解されて、立ち入り禁止になってる星がこの銀河にある 
生物兵器とかではなく、勝手に突然変異しだした
 
 
203: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 01:07:35.57 id:YAQqDccZ0.net
 
>>170 
面白いです。もう食べません。
 
 
174: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:37:28.54 id:VLIZC7k60.net
 
月を配置した宇宙人は何星人ですか
 
 
178: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:41:06.47 ID:6YGUekdU0.net
 
>>174 
それがよく分からないんだよ。太陽系の外の異星人だと言われてるけど
 
 
212: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 01:31:13.05 id:YAQqDccZ0.net
 
>>178 
火星人が荒廃させてしまった火星を復興するために、月を造って地球でクローン造ったと聞いたことがありますが、これはニビル星人のことではないのですか。
 
 
231: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 10:39:40.70 ID:6YGUekdU0.net
 
>>212 
火星が荒廃したのは地表面だけ。原因は戦争などではなく、膨張する宇宙は火星であれ太陽からの距離が遠ざかり 
地球でいう人間の生活に適した環境が得られなくなっただけで、赤土が増えたのも自然の流れで、地下には居住区あるよ 
月を作ったのは太陽系外の異星人。廃棄されたあとに二ビルの人型などが利用したかも知れないけど、詳しくは知らない
 
 
177: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:39:45.18 ID:51GTzeLr0.net
 
釣りと思いつつ質問 
 
オバマ爬虫類人ですか?
 
 
184: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:43:07.57 ID:6YGUekdU0.net
 
>>177 
混血だね
 
181: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:42:02.77 id:OHvijd8L0.net
 
種族の規模は、何人くらいですか?
 
 
189: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:47:18.72 ID:6YGUekdU0.net
 
>>181 
地球原産の自分たちは地球内外あわせて全体で70万人ほど
 
 
183: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:43:06.80 id:GTjqFiSv0.net
 
人間の社会がこれからどうなるか何か知ってる?
 
 
190: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:49:05.35 ID:6YGUekdU0.net
 
>>183 
第三次世界大戦がおきる
 
 
186: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:43:56.88 id:sSxLdTsR0.net
 
爬虫類人さんと人間との混血人間って存在しますか?
 
 
193: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:54:09.89 ID:6YGUekdU0.net
 
>>186 
君が女ならば混血児作りしてあげてもいいけど、あれは小さめだよ。人間ほど生殖器は大きくないし、女も乳房は小さめ
 
 
188: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:47:01.47 id:Fc3Yfltv0.net
 
ホログラムを使った爬虫類人同人が地上で 
出会うとどんな風に見えるの? 
人間の姿でもお互い分かるの?
 
 
195: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:55:49.72 ID:6YGUekdU0.net
 
>>188 
すぐに分かる。身体のある場所にチップ埋め込んでてそれでホログラム作ったりステルスしたりできるから
 
 
208: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 01:24:32.55 id:zYUWLvXf0.net
 
地下世界に地上の人間が入り込んだりしたことはいままでありましたか。 
地下で生活している地上人はいますか。
 
 
228: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 10:25:37.60 ID:6YGUekdU0.net
 
>>208 
地下施設にもたまにだけど人間や他の人間型異星人がいたりする。特別な用件がある場合に限るけど 
あと稀に地下施設から延びてる複数の入り口を見つけた地上の人間がそこから侵入してしまう場合もあり、駆除する 
内部への道にはトラップや侵入者駆除のために遺伝子操作した様々な形態の亜系生物を配備しており 
それを観て楽しんだりもする。亜形態の生物はおもに動物の頭部と人間の身体を有してたり、複数の蛇の頭部を有していたり様々
 
 
209: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 01:24:55.98 ID:Y/iZwjIB0.net
 
交流が目的でも、公に姿を明かすのはNGなのか? 
 
もしそうなら、自身の正体を地球人、ないし広く知れ渡ると余程まずい事があると見た。
 
 
229: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 10:28:47.61 ID:6YGUekdU0.net
 
>>209 
自分は個人的に交流を試みてるだけ。公表などのNG制限も特にない。自分たちの存在が人に知られたところで 
何も問題など起きない。そもそも君らは自分たちの居住区までは到達できない
 
 
211: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 01:30:14.07 id:VLIZC7k60.net
 
宇宙人の連合体ってありますか 
どの宇宙人が仲が良い、また敵対しているのでしょうか
 
 
230: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 10:33:59.37 ID:6YGUekdU0.net
 
>>211 
同種の異星人はよく宇宙空間では連携して行動してたりする。爬虫類型の異星人はピラミッド型の階級があって 
小人型を隷属させてたりはするけど。爬虫類型異星人と昆虫型異星人が永遠のライバル。遭遇次第、即戦闘が起こる
 
 
217: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 02:47:26.66 id:BVuINloi0.net
 
全てが一つというのは理解したいと思ってるんだけど理性が納得しない。 
どうすれば悟れるんだろう。。。 
後、人間を食べるということだけど、そんなに食べないの? 
人間食べてたら、東京グール(アニメw)みたいになってると思って。 
食べられた人とかニュースにならないし。
 
 
237: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 10:51:15.30 ID:6YGUekdU0.net
 
>>217 
人間の理性が、普遍的なすべては一つであることを理解できない理由は、理性が臆病さの自己肯定に過ぎないから 
 
日本でも年間10万人は行方不明者でてるよね?彼らはどこ行ったと思う?自分たちはいわゆる「腹持ちが良い」 
爬虫類型は人間ほど頻繁に食事を取ることはないよ
 
 
241: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 10:56:52.33 ID:9bZpdJ/G0.net
 
人間って賞味期限ある?おばあちゃんの肉体じゃ美味しくない?
 
 
245: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 11:00:36.52 ID:6YGUekdU0.net
 
>>241 
基本的に生きてないと食べない
 
 
242: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 10:57:10.01 id:RJQq7vdU0.net
 
いろんな国の地下に爬虫類人が住んでることと思いますが 
爬虫類人が操る意思疎通の方法は、その国の言語と、爬虫類人特有のジェスチャー?と、思念波のようなもの? 
の3つですか? 爬虫類人語は無いのでしょうか? 
 
1さんは日本語を使いこなしてますが、他の国の言葉も覚えたりしてますか? 
例えば、アメリカの地下に住む爬虫類人と出会ったら、どのように意思疎通をしますか?
 
 
248: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 11:04:37.66 ID:6YGUekdU0.net
 
>>242 
地球原産の爬虫類人どうしならば当然ながら言語はあるけど、君らとは声帯が違うので発音はできないと思うよ 
例えば自分の名前を日本語で表記すると「くしゃぁしやあぁくしぃぃゃ」となるけど、人がそのまま発音してもそれは自分の名に聴こえない
 
 
246: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 11:03:46.21 id:RJQq7vdU0.net
 
アンドロメダ方面の人型異星人とは、どういった関係ですか? 
 
魂を持つ者が肉体を失った後、天界とかいう所に行くそうですが 
1さんは天界を知ってますか?(1さん的には 別の呼び名があるかもしれませんが) 
天界では爬虫類人と天使が戦っているそうですが、心当たりはありますか?
 
 
250: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 11:16:02.10 ID:6YGUekdU0.net
 
>>246 
アンドロメダ座は人間型が住んでるね。自分たちとは不干渉な関係。アンドロメダに限らずすべての異星人に対して不干渉 
 
天界?というのは生きてる人間の慰み的な意味での妄想だね。人が死ねば質量保存の法則に基づいて身体は土に還る 
意識の中核をになっていた魂=素粒子もまた同様にそこいらと一体になる。その素粒子がまた新たな生を設けるには 
おそらく微生物などに取り込まれ、さらに魚類などに取り込まれ、また鳥や動物に取り込まれ、それを人間が取り込み 
その人間が交配するか妊娠するかして、運よく新しい命の意識の中核を特定の素粒子が担うのは、恐ろしく低い確率 
でも死んだ後には時間の経過を気にする概念などなく、何億年経とうが別に暇はしないはず
 
 
252: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 11:18:50.89 id:VLIZC7k60.net
 
今、地球上で活動している宇宙人は何種類で、それぞれどんな姿をしていたりしますか
 
 
254: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 11:26:10.22 ID:6YGUekdU0.net
 
>>252 
おそらく5種目30種類くらいかと思う。人間型、爬虫類型、昆虫型、不定形、ガス状の5種目と、それらの異母星と派生 
遺伝子操作で生じた種族や、亜種を含めたらもっと多くなるし、昆虫型と不定形は形態が様々でこれだという形はない
 
 
253: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 11:21:33.15 id:RJQq7vdU0.net
 
アルファ・ドラコ二スって知ってますか? 
彼らは、1さん達と どんな関係ですか?
 
 
257: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 11:34:56.89 ID:6YGUekdU0.net
 
>>253 
彼らはこの銀河系で最強の種族。地球にも約3000体ほど居るよ。この銀河の外から来た最も強力な存在 
パワーバランスを動物で喩えるならば、地球原産の爬虫類人は大小様々なワニ。異星の爬虫類人は小型の蛇~アナコンダまで 
でも彼らはまさに恐竜。個体の強さ大きさもそうだけど、科学技術面でもこの銀河で最高の存在 
凡庸な1個体であっても、自分ら地球原産の爬虫類の女王に匹敵するほど強力で万能
 
 
262: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 11:42:29.89 id:VLIZC7k60.net
 
爬虫類人、異星の爬虫類人、アルファドラコニスのそれぞれの体の見た目違いはなんですか
 
 
266: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 11:56:23.64 ID:6YGUekdU0.net
 
>>262 
地球内外とわず爬虫類の人型でも身長は様々で、最大で15m。ドラコニスは5m~20m。背中に翼か突起があり角が生えてる 
翼竜型、地竜型、水竜型などの亜種は遺伝子操作の産物で、高い知能を有する場合と持たない場合がある 
地球でも大昔から、人間と亜竜型が戦う話しが残ってるみたいだけど、それらは爬虫類人が造って野に放ったもの
 
 
265: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 11:44:35.84 id:zYUWLvXf0.net
 
かつて地上にアトランティスやムーという大陸が存在したといわれてますが、 
ご存知ですか。当時のそこの人たちと交流はありましたか。
 
 
272: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:09:12.20 ID:6YGUekdU0.net
 
>>265 
知ってる。太平洋と大西洋に一つずつ大陸があった。小さな交流はあったと思うけど、自分はまだ100年に満たない若輩で 
当時のことは特に詳しくはない。人型や異星の爬虫類人が文明に関与したらしいね。あの頃は地殻をこじ開けて 
溶岩を噴き出させる環境兵器が多用されたらしく、2つの大陸は海に没して、エジプトの大森林地帯も砂漠化した
 
268: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:01:20.09 id:RJQq7vdU0.net
 
地球原産 爬虫類人70万人 vs  アルファ・ドラコ二ス3000人 
で総力戦をしたら、どっちが勝つと思いますか? 化学兵器の使用可
 
 
273: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:14:31.84 ID:6YGUekdU0.net
 
>>268 
ドラコニスが200体もいれば、1ヶ月で自分たちは滅びます。彼らが用いる武器は非常に強力かつ 
自分らには非解明の技術産物が多いので
 
 
275: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:20:05.09 id:RJQq7vdU0.net
 
>>273 
そ、そんなに強いの・・・!? 
そんな強力な存在が3000も、同じ地球にいる事については、脅威に感じたりはしないんですか? 
それだけの力がありながら、人間に対しても、爬虫類人に対しても、表立った攻撃を仕掛けないのは何故でしょうか? 
そもそも何故、彼らは地球に居るんでしょうか? 地球原産では ないですよね?
 
 
278: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:30:37.36 ID:6YGUekdU0.net
 
>>275 
地表の人間とアリの戦力や生存能力には雲泥の差があるけど、だからと言って人間はアリを滅ぼしたりしない 
それと同じことだね。自分たちの種族が生命の長であると思い込むのは単なるエゴでは? 
また過剰に安全確保にばかりに意識が向く臆病さが、その種族のあいだで政治や宗教や経済という不自由な負の要素を生じさせ 
自ら自滅の道を歩むだけだよ 
 
ドラコニスは銀河の外からきた
 
 
271: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:09:06.72 id:yS79dEcW0.net
 
地下に行ってみたい
 
 
276: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:20:38.66 ID:6YGUekdU0.net
 
>>271 
北極や南極あるいはヒマラヤ山脈にある大穴から内核に侵入すれば、そこからだと長身の人間型に遭遇するはず 
地表の人間に対して有効的に接するはず
 
 
280: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:37:27.86 ID:6YGUekdU0.net
 
そういえば人間型でも10m以上の種族がいるよ。そういう種族は重力場が弱い比較的小さな星、あるいは内核に住むけど 
あまりに質量が多すぎる大きな星ほど重力が重いので、微生物や細菌しか棲めないけど
 
 
281: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:42:37.58 id:VLIZC7k60.net
 
アルファドラコニスが他の宇宙人と戦争した事がありますか?それはどんな宇宙人種族でいつ頃の話しですか
 
 
288: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:55:16.33 ID:6YGUekdU0.net
 
>>281 
戦争というより一方的な殺戮と捕食だね。大きな戦争など起きようはずもないよ。大きな被害を受ける種がいたとしても
 
 
283: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:44:20.62 ID:2e3AeGQq0.net
 
1さん、 
地上にメシアはいますか? 
もし、認識して、いるとしたら、どんな扱いをしていますか。
 
 
290: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:58:54.83 ID:6YGUekdU0.net
 
>>283 
地上に救世主がいるとすれば、それはけして強力な存在としてではなく、ブッダのような人間だろう 
彼の話しを理解できれば、君らの疲れも消えて無くなるんじゃない?
 
 
284: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:47:03.75 id:yS79dEcW0.net
 
アルファドラコニスに遭遇したら逃げることはできますか?
 
 
291: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:59:32.90 id:RJQq7vdU0.net
 
>>284 
全身に納豆を塗りたくったら逃げられそうじゃない? 
そんな人間を食おうとは思わないだろうしwww 腹いせに頃されそうだけど
 
 
296: ふしあなさん@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 13:11:34.05 ID:6YGUekdU0.net
 
>>291 
それは冗談ぬきで、あり得る
 
 
286: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:51:54.91 ID:o+wdTZSa0.net
 
人間が未解明の多元宇宙論はどう解釈されていますか?
 
 
294: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 13:08:43.45 ID:6YGUekdU0.net
 
>>286 
多次元宇宙?ヒモ理論やマク理論、時空連続帯などさまざまな言葉で地表の人間が宇宙の構造を解明しようとしてるけど 
まだ理解不十分だし、それによく聞く言葉でこのリアル体験を三次元と呼ぶのは間違いで、君らと自分らの体験は四次元 
立体構造の三次元空間に時間軸を足した四次元ね 
 
大まかな構造は果実を輪切りにした切り口をイメージしてもらいたい。宇宙の大小さまざまなもの、宇宙そのものは 
その果実の断面のような構造をしている。その形状がエネルギーの持続と安定を可能にしている
 
 
301: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 13:16:31.16 id:zYUWLvXf0.net
 
地底にはヒトラーはいませんでしたか
 
 
303: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 13:20:57.40 ID:6YGUekdU0.net
 
>>301 
ナチスは地球の内核に来ていたよ。ヒトラーは延命に延命を重ねて、今ではただの肉片、肉の塊になってしまった
 
 
307: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 13:22:44.79 id:zYUWLvXf0.net
 
>>303うわまじですか 
ナチスは地底に招待されたのでしょうか 
彼らは地底でなにをしていましたか
 
 
315: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 13:35:03.37 ID:6YGUekdU0.net
 
>>307 
地底の長身人型と交流した後に、地殻内部に住む爬虫類型の異星人と交戦して敗北し、そのあとに母星を持たない人型の異星人と 
技術提携したみたい。それ以前にヒトラー個人が、その母星を持たずに艦で移住してる人型と交流があったらしい
 
 
322: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 13:43:53.28 id:zYUWLvXf0.net
 
>>307なるほど、興味深いです。 
しかし、ナチスが異星人と技術提携できるような技術があったのでしょうか
 
 
330: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 13:53:44.13 ID:6YGUekdU0.net
 
>>322 
厳密にいうと技術提携できたのはずっと後で、はじめはヒトラーが個人的に交信していた高知脳の人型に思想教育されてた 
その人型は、進化を第一に優先する爬虫類型と考え方が同じで、おそらく人間型のなかではかなり進んだ種族 
加速度的に技術発展した裏には、さまざまな異星人との交流があってのこと。技術提携というか横流しだね。商社的なそれを担った 
 
ナチスは月の裏側にも駐屯基地があるよ
 
 
337: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 13:58:33.45 id:zYUWLvXf0.net
 
>>330ナチスすげえw
 
 
359: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 14:26:24.60 id:zYUWLvXf0.net
 
>>330 結局ナチスは月にまで駐屯地を作ってなにをしたかったのでしょうか
 
 
365: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 14:38:42.88 ID:6YGUekdU0.net
 
>>359 
ナチスと、ナチスに思想教育をした高知脳の進化優先の人間型の異星人は、おそらくはこの太陽系あるいは銀河における 
人間種が劣勢である状況を打破するのが目的であり、人間種は人間種同士でも、進化を優先するものと、そうでない者がいる 
という流れの出来事だと認識しているよ 
 
それは例えばこうだ。もしリーダーが「障害者は邪魔だから処分しろ」と言ったとする。それに従う者と、そうでない者 
進化を優先する者と、そうでない者の関係は、人間型独特のジレンマ的な問題だよね
 
 
382: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 15:11:34.90 id:zYUWLvXf0.net
 
>>365たしかに、結果的に種として進化を早めることになるとしても、人間は 
なかなか同じ種を切り捨てる決断はできないです。たしかにヒトラーは人間 
ホロコーストなど人間のジレンマ的なものを超越した決断をどんどんして 
いきましたが対象がユダヤ人だったのはなにか理由があったのでしょうか 
 
あと、ナチスは今後地上に出てくるつもりはあるのでしょうか。
 
 
393: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 15:25:37.53 ID:6YGUekdU0.net
 
>>382 
ユダヤ人指導者の多くは、爬虫類型の異星人の混血で、ナチスは人間型だから戦いを挑んだのでは? 
 
ナチスは太陽系のほぼすべての惑星に地下都市を建設してるよ
 
 
356: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 14:16:35.77 id:RJQq7vdU0.net
 
昆虫型異星人って、メジャーな種族は どのくらいの大きさですか? 
科学力は、どのくらいですか? 
 
そこらにいる、普通の昆虫って もしかして 
昆虫型異星人の作品か何かですか?
 
 
362: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 14:31:25.30 ID:6YGUekdU0.net
 
>>356 
昆虫型でメジャーな形は特に無いけど、しいて言うなら6本脚。触覚がある。外骨格。かな。科学力は自分らと同程度 
 
地球にいる昆虫はすべて外来種。あと納豆菌もね。昆虫は進化というよりも様々な環境に合わせて変態するから 
ある種の昆虫を他の星に持っていくと、変態後に形状が少しずつ変わっていくのが分かる。彼らの体液はいわば万能細胞
 
 
399: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 15:33:30.82 id:gBB4J0kD0.net
 
女王倒しにいくわ 
連絡先教えろ
 
 
403: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 15:46:28.41 ID:6YGUekdU0.net
 
>>399 
我々、地球原産の爬虫類人の進化の中枢であり本筋である女王だけは、同族すべてが総力をあげて死守する 
 
 
405: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 15:54:13.48 id:RJQq7vdU0.net
 
1さん達って、恐竜から進化して今に至るんですよね 
1さん達は肉食みたいですが 
草食恐竜達も、爬虫類人になってたりしないんですか? 
 
というか、隕石の衝突で滅んだ事になってますが 
ホントに隕石の衝突でしたか? その時期に地中に移動したんでしょうけど
 
 
408: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 16:06:30.37 ID:6YGUekdU0.net
 
>>405 
恐竜から進化した肉食です。草食は滅びました。隕石の衝突で恐竜は滅んでません 
隕石の衝突や宇宙のチリなどの吸収によって地球の質量が徐々にあがり、重力も上がっていき、恐竜から人型に進化、小型化し 
今に至ります。今の地球の重力場では、恐竜は立つことも歩くこともできません
 
 
451: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 19:59:12.77 id:FWHtx+oq0.net
 
寿命は何歳くらいですか?
 
 
457: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 20:13:19.90 ID:6YGUekdU0.net
 
>>451 
生きようと思えばテロメア操作と延長で数千年は生きるよ
 
 
461: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 20:19:20.35 id:FWHtx+oq0.net
 
>>457 
そんなに長く生きることができるんですね、凄いけど、飽きてしまいそうですね。 
 
爬虫類人さんは、病気とか、精神病とかには、かからないんでしょうか。 
体調悪いなとか、熱だしたりとかありますか?
 
 
479: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 21:54:23.99 ID:6YGUekdU0.net
 
>>461 
お察し通りに、高齢になると飽きて自ら死ぬものも少なくはない。病気の感染はガス状生命体以外ならすべてにある
 
 
488: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 22:07:51.33 id:RJQq7vdU0.net
 
納豆菌は外来種との事ですが 
誰が、どんな意図で この地球に持ち込んだか ご存知ですか?
 
 
492: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 22:17:41.55 ID:6YGUekdU0.net
 
>>488 
納豆菌は流星や隕石に付着して、この銀河全体に繁殖の手を伸ばしてる。最恐で凶悪な存在
 
 
494: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 22:19:24.63 ID:6YGUekdU0.net
 
地表の人間に大きく警告する 
 
ナットウキナーゼの研究だけは辞めろ
 
 
505: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 22:29:41.69 id:RJQq7vdU0.net
 
>>494 
敵無しと思われた爬虫類人さんが、そこまで恐れるとは… 
 
爬虫類人さん達の歴史で、直接ナットウキナーゼの被害にあったケースってあるんですか?
それとも、滅んだ星を目の当たりにしたのみ? 
変異したナットウキナーゼの、具体的な危険性を知りたいなぁ~ 
空気感染して即発症、治療の暇もなく絶命 とかですか? 
ナウシカの粘菌みたいな感じなのかな~
 
 
515: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 22:43:14.86 ID:6YGUekdU0.net
 
>>505 
直接の被害は滅んだ星の地下に住んでいた爬虫類型の異星人だけ。ネバネバに分解されて大きな被害がでた 
滅んだ星は映像では見たことがある。空中も水中も地中も、所構わず繁殖の手を伸ばす。脅威だ
 
 
516: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 22:44:51.26 id:lpPYKlmL0.net
 
>>494 
>敵無しと思われた爬虫類人さんが、そこまで恐れるとは… 
 
な、なんだってー! 
ま…まさか…関西人…? 
もしくは水戸のある茨城国と敵対関係にある栃木国人なのか…?!
 
 
521: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 22:51:48.61 id:FWHtx+oq0.net
 
>>516 
私は大阪生まれの大阪育ちですが、納豆は普通に食べてました。関西人が納豆食べないという噂を知って、いま衝撃を受けています(´・_・`)
 
 
527: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 22:59:27.03 id:zkLonALR0.net
 
人間の進化があんたらの遺伝子操作だって事はわかった 
じゃああんたらはどうやって誕生したんだ? 
大元を辿るとあんたらでも手が出せないような神みたいなやつがいるのか?
 
 
533: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 23:06:09.98 ID:6YGUekdU0.net
 
>>527 
自分たちは地球の恐竜から、うん億年かけてようやく進化した地球のオリジナルだ。他の星を起源とする爬虫類人のことは 
発生起源までは把握し切れていないよ
 
 
543: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 23:15:08.76 ID:vS+Z42jm0.net
 
>>533 
爬虫類人でも白人に化けてる方が地位高いの? 
究極の目的はなに? 
肉を食うと言うより、子供のエネルギー吸わないと 
人間の形に見せれないんじゃない?
 
 
549: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 23:32:24.13 ID:6YGUekdU0.net
 
>>543 
どんな人種にでも化けられるよ、ホログラムだし。生体エネルギーのみを摂取するのは消化器官のない小人型だね
 
 
544: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 23:20:59.33 id:zkLonALR0.net
 
知能は人間をどのくらい越えているの? 
上でもあげたようなネズミと人間くらい差があるのか?
 
 
550: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 23:35:32.75 ID:6YGUekdU0.net
 
>>544 
IQレベルは差ほど変わりない。脳細胞の容量に依存してるからね。ただ知識や経験の年期とその蓄積がちがう 
それ以前にまず君らは自分の存在というものに固執し過ぎてて、それが君らの成長や進歩や発展の大きな妨げになっている
 
 
545: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 23:21:18.73 id:KrSJAwI90.net
 
人間世界より考え方が進んでると思うんだけど 
なんで戦争するの?
 
 
553: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 23:38:45.55 ID:6YGUekdU0.net
 
>>545 
君らは戦争を悪として認識したいが、それでも戦争をしてしまうだろう?君らの価値観では、だが 
 
我々において戦争行為とは、単に増えすぎた種の削減でもあると認知してる。敵味方とわずどちらに正義や名分を定めたりしない
 
 
587: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 01:54:13.03 id:SJ3e8iR90.net
 
こっちの社会の話で申し訳ないんですが、STAP細胞って本当に無いのですか? 
爬虫類人さんはどう見てますか。
 
 
591: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 02:30:22.50 id:VXeqA7Wr0.net
 
>>587 
万能細胞はある。が、その発見により、地表の人間の医療関係、企業は儲からなくなるだろう 
そして隠蔽工作による技術公開の封印も生じる。人間が貨幣経済システムに依存してそれを基軸としてる限りは 
このような事がいく度も生じるのは明白だ。よって自分たちは大昔に経済というシステムを完全に廃棄した
 
 
593: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 02:33:15.00 id:SJ3e8iR90.net
 
>>591 
私の想像通りで安心しました。 
地球人も早く貨幣制度による支配から脱却したいです。
 
 
598: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 03:10:01.38 id:VXeqA7Wr0.net
 
>>593 
貨幣経済システムさえ辞めてしまえば、君らは間違いなく飛躍的な進歩を遂げる。が、君らの弱さがそれを阻むだろう 
その弱さに打ち勝てねば、いつまでも君らは「食いもの」だ。色んな意味で
 
 
611: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 04:51:06.27 id:VXeqA7Wr0.net
 
地表の人間、一般的な日本人の言葉でわかり易く我々爬虫類人を表現すれば「基地外、DQNサイコパス」だろう? 
 
でも実際はどうかな。君らのほうがずっとキチガイじみて居るよ。自分と自分の周りの自由を抑圧することばかり多く目立つ 
 
そのせいで食べやすいがね
 
 
612: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 05:00:50.44 id:VXeqA7Wr0.net
 
養豚場のブタを相手に、ここから出たほうが良いと言っても、もしブタに言葉を理解できる知性があればこう言うだろう 
「なんで?ここに居れば毎日ご飯が食べられるよ」と 
 
因みに、ブタは人間と猪のハイブリッド種だ。ブタと人間は臓器移植が可能だよ
 
 
616: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 05:28:40.23 id:SJ3e8iR90.net
 
>>612 
支配者の計画の一つに、家畜に人間のDNAを混ぜて、病原を家畜に潜ませてその肉を人間に食べさせて病気を広げることによって、人口を調整するというのがあると聞いたことがあります。 
BSEはまさにそうだと。 
人間と猪を掛け合わせたのはその一環でしょうか。
 
 
618: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 05:37:25.23 ID:0rmCr2aT0.net
 
食うもんなくなるね
 
 
663: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 13:32:21.44 id:Y6qcrVwM0.net
 
聞いてて思ったんだけど 
映画の300とかロードオブザリングとか 
敵に対して一丸となって戦うのは蛇人間の思考と似てる? 
種全体を考えるとかそのへん
 
 
664: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 13:40:24.34 id:VXeqA7Wr0.net
 
>>663 
爬虫類人の特徴かどうかは知らないが、当たり前のことだろう?特に何とも思ってはいないが 
 
女は良く動き、良く学び、良く戦い、良く産み、良く殺す、優秀な性別として認識されており、自分たち男は前線で盾となる 
高齢者や病人は最前線で戦うか、哨戒活動を担うのが我々の戦のやり方だ
 
 
665: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 13:45:32.47 id:Y6qcrVwM0.net
 
爬虫類人も昔は剣とか槍で戦ってたん? 
もしそうなら昔あった戦いのうち1つ簡単に教えてほしいんだけど 
どんな戦いだったか
 
 
668: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 13:59:28.49 id:VXeqA7Wr0.net
 
>>665 
当然ながらそういう時代もあった。地表で人間が繁殖する以前と、その途中くらいまではね 
 
とある女王は大きな杖を得意武器としており、その杖には2匹の蛇が巻きつく形の装飾が施されていた 
11mほどの身長があった彼女が一軍を率いて先頭に立ち雄叫びをあげると、軍団の士気は一気に高まった 
一振りその杖をなぎ払うだけで複数の敵をバラバラにして蹴散らし、重装備の大型恐竜に乗る複数の敵を、恐竜ごと真っ二つに引き裂き 
巨大な投石機から飛んでくる大きな岩をも野球のスイングのように打ち砕き、敵の要塞の外壁を杖で砕き内部に侵入して暴れまわった
 
 
671: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 14:07:45.63 id:VXeqA7Wr0.net
 
そういえば、2匹の蛇が巻きつく形の杖は、検索すれば幾らでも出てくるぞ。元ネタは大昔の我々の女王の所有物だ
 
 
674: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 14:19:17.08 id:YoRDS3cU0.net
 
地底ではどうやって暮らしてるのかも気になる。 
科学は進歩してそうなんだけど何故か凄く原始的な暮らしをしてそうだなって思ってしまうんだけど。 
人類が言う所の家とかあるの?そもそも何か所有したりしてるの?
 
 
677: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 14:23:10.10 id:VXeqA7Wr0.net
 
>>674 
自分たちには特に、所有権意識というものは無い。当たり前にあらゆるものを共有している。だから無駄な争いは起きない
 
 
756: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 17:19:13.28 ID:4Lc7Q3ph0.net
 
他にも質問。太陽の中には文明があって生命体が住んでるの? 
あと太陽は他の次元のルール?が混ざった特殊な天体って聞いたことがあるんだけどそれについてはなにかしってる?。 
あと時間は過去から未来の一方通行ではない?
 
 
784: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 17:38:40.11 id:VXeqA7Wr0.net
 
>>756 
太陽のなかでは耐熱構造の巨大母艦があり、その中になら文明はあるだろう。中心部も高温だが、他の星と同様に空洞構造で 
北半球と南半球でフレア層が循環している。巨大母艦はおもに内部の空洞部分に停泊してる 
 
他の次元のルール?それはよく分からない。時間は、膨張宇宙ならば前方向に、縮小宇宙ならば後ろ方向に進んでいる
 
 
768: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 17:25:45.02 id:hb72ii1h0.net
 
人間の脳の構造にさ、爬虫類と同じ部分があるじゃん 
あれってどういう事なん?
 
 
793: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 17:42:59.10 id:VXeqA7Wr0.net
 
>>768 
レプタイル領域は、生存を司るのに必要な、物事の判断を担う領域。地表の人間はそれを持て余し、時に振り回されているようだがね 
遺伝情報に爬虫類の部分が混ざっている証でもあるが、地表の人間は爬虫類人だけならず、もっと多くの異星人のDNAが混ざってる
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする