いろんなキッカケ

「いろんなキッカケで次々に行動を連鎖させていく才能」要するに「イキアタリバッタリ力(りょく)」を 、ポジティヴに捉え、日々のいろんなキッカケとそれによって学んだことなどを記録していきます。

イスラム国処刑動画が捏造だった事実?をキッカケに回想、、、

f:id:ocasira:20140917010935j:plain
15年以上前の話、
まだ高校生の延長ぐらいに子供だった私が
英国に住んでいた7年間の事、、、。
 
当時付き合っていた男性や、その周囲は
イルミナティフリーメイソンの事をしょっちゅう言っていました。
 
私は全く無関心だったので
殆ど聞き流していましたが、
 
日本もこの銀行とこの企業はどうのこうの、とか
ブッシュがどうのこうの、
マイクロチップがどうのこうの、
New world orderがどうのこうの、
いーっつも、いーっつも言っていました。
 
世の中の真実を歌っていたDJ友達は長年CIAに監禁された、とか
それはもう、そういう話が日常茶飯事。
 
陰謀論を信じなくても、
その内本当にそうなってくるから解る日がくるよ、的な
余裕さえ感じられる態度。

 

 
そんな日々から年月を経て、
自分なりにいろいろと調べていると、
日本に居ても辿り着くんですね、こういう陰謀論とかそういうお話。
 
私は冒頭に書いた通り、
そういうことは当時無関心だったんですけど、
それでも年月を経て、
彼らの訴えていた事が現実になってきている、と感じるんですよね、確かに。
 
全く肩を持つ気も無く、
ニュートラルな気持ちで構えていても、
やっぱり世の中の様々な事象の捏造っぷりが
徐々に判ってくるようになる、、、これは
知識と経験で培われたのでしょうか、それなりに、、、。
 
 
別に私、詳しく無いのですが
たまたま英国でそういう話を聞かされ続けて生きていた時期がありますよ、
というだけで。
 
 
で、関連して最近話題になっている
イスラム国というヘンテコな名前の組織のお話。
英語ではISISと表記されているようですが。
 
最近TVでやっている処刑動画とか、
あれが捏造で、その映像制作現場の様子が流出させられたとかなんとか。
(冒頭画像)
 
私は映像分析とか解析はできないし、
ふんふんふん〜と読みましたが、確かにね、そうだよね、と思います。
 
でも、このスタジオ画像がまた捏造で、、、って声もあり、
まぁ確かにPhotoshopで余裕で作れる時代だから、
それも有りかもね。
 
でも動画で、首をギーコギーコとやるのは
これだけはもう、、、おかし過ぎます。
あんなやり方で、血も全然出てきて無いし、、、。
あれは無知な私でさえも不自然に感じました。
 
どうせそんなに激しい憎悪の元に動画にするなら
もっともっと生々しく詳細ノーカットにするべきなのにね。
 
 
もう最近のいろんなニュースも
胡散臭いなぁと感じるようになりました。
 
なんか、過去のSARSなり口蹄疫鳥インフルエンザなり、
いろんな疫病とかが
なんでこうも順番にタイミング良く登場してくるのかなぁ、と
疑問に思うようになりました。
 
わざとらしさを感じるようになってきたというか。
 
流行と一緒で、出ては消えて、出ては消えて、
メディアによる煽りで世間はわーっと騒いで、また忘れて
またわーっと騒いで、また忘れて、、、。
 
↓↓
 
イスラム国の処刑動画の捏造に関しては
この方の解説がとても読み易かったです↓

 

細谷 幸喜 - 新しい戦争の仕掛け方 アメリカのメインの公共事業、それは戦争。こんなの世界の常識です。... | Facebook

 

スタジオで首切りインチキビデオを撮って砂漠の背景と合成 richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ
スタジオで首切りインチキビデオを撮って砂漠の背景と合成し、「ISISのイギリス人殺害」だと騒いで、英国の空爆参加を正当化する。

 

 

james foley beheading video forged

 
 
↑みたいなクエリで検索かけると、いっぱい英文サイトも出てきますからご覧あれ。
英語読めなくても、画像だけでも何となく解るでしょう。
 
例えばこんなサイト↓ がありますが、上記日本語訳の方の文章で内容は十分かとは思います。
» Experts: James Foley Beheading Video Likely Fake Alex Jones' Infowars: There's a war on for your mind!

 

後、関連して類似案件。

宇宙への旅立ち: イスラム国によるアメリカ人ジャーナリストの首切りは全くの嘘だった!
イスラム国によるアメリカ人ジャーナリストの首切りは全くの嘘だった!
上のビデオの私なりの鑑定で、アメリカ人ジャーナリストは首を切られて殺されていない事が判明した。では、上のビデオからの切り抜き写真をお見せしよう。

 

こういう事に言及していると

CIAやFBIに目をつけられる、とか、、、こんな私みたいな彼らにとって虫みたいな存在は対象外でしょうけど、インターネットは、、、どうでしょうね。

インターネットという媒体もそういう陰謀論で語られている方々が推し進めているんじゃなかったかなぁ。

 

いっぱい情報操作しているけど、操作されきれない人達、彼らにとって邪魔なユーザーも居るって事かなぁ。世界中に多言語で居ますよね。全体からみたらマイノリティになるかもしれないけど。

 

やーね。

 

嘘は嫌い。

本当の悪はバレないように嘘をつくからね。

世界中は今、そのバレない嘘に騙されているのかな。ー

 

 
広告を非表示にする