いろんなキッカケ

「いろんなキッカケで次々に行動を連鎖させていく才能」要するに「イキアタリバッタリ力(りょく)」を 、ポジティヴに捉え、日々のいろんなキッカケとそれによって学んだことなどを記録していきます。

野菜や果物に付着したギラギラ

f:id:ocasira:20140227070415j:plain
先日下記の記事で紹介した
食品添加物の話に関連して、
「食品添加物・農薬の除去を考える事」からの「料理の仕方がわかってくる事」 - いろんなキッカケ

この本の中では言及されていませんでしたが、

自分がたまたま7年前ぐらいに訪れた食品関連の展示会

FOODEX」(幕張メッセで開催されるアジア最大級の食の展示会です。)で

サンプルを頂いたことで知っていた商品があります。


ホタテ貝の貝殻を焼成して作られる粉で(ホタテ貝殻焼成カルシウム)

それがとても優れた

除菌消臭効果、異物添加物除去パワーを

持っているということなのです。

●ホタテコ君●ホタテ貝殻焼成カルシウム100g/1袋天然素材100%残留農薬分解除去ホタテの力

当時そのサンプルを

家にあった野菜(普通にスーパーマーケットにて購入したもの)に試してみて、

確かにいろいろ汚れが浮き出てきたので、

本当だ、、、と感じた記憶はあります。


ただ、気ままに一人暮らしで

食の安全性に関しては無関心というか

栄養や成分の事ばかりに焦点を当てていた

当時の私には、


そんな毎回こうしていちいち浸け置きして洗うなんて、

面倒臭くて到底できるものではありませんでした。


それから月日が流れて

一時の親になった今は、食安全性に対する意識も

かなり変わり、成長したと思います、私なりに。


食品添加物やポストハーベスト、

様々な事を知り出すと、

良かれと思ってせっせと食べているつもりが、

毒物も一緒にいっぱい取り込んでいるのかと思うと

やり切れません。


絶対に無添加、有機栽培の野菜や果物しか食べない!という事は

現実的に考えても、経済的にも自分には不可能ですので、


重くのしかかるジレンマを緩和する材料として

このホタテ貝殻焼成カルシウム、を選択しています。


人工的な化学合成物質ではない事が安心ポイントです。


昔、中国では

野菜や果物を台所用洗剤で洗う事が当たり前と聞いて

驚いた事がありますが、

よくよく日本の市販の台所用洗剤の裏面にも

洗浄対象に野菜などの文字を見つけた記憶があります。

どの洗剤か忘れましたが、、、。


家庭科の授業で、米を洗ってと言われて洗剤で洗った

とんでもな女子生徒が居た、と

高校時代の家庭科教師が定番ネタにしていた話があり、

当時は「えー!?」なんて皆で信じられない、ありえない的な

反応をしていましたが、

その女子生徒、

あながち間違った行為をしていたわけではなかったのかも、

と20年後の今になって思います。


洗浄材料としては合成洗剤じゃない方が良かったのでしょうが、

ヌカ以外の落ちにくい悪い物を洗い落とすための洗浄という意味では

ありだったんじゃないか、と。


なんとなく漠然と安全だと思っているお米でも、

農薬って普通に使われているらしいですから。


お米にホタテコ君を使うと

一瞬で米が黄色くなります。


これは果たして農薬なのか定かではありませんが、

(カロチン色素が反応して出てくる、という意見も)

とりあえずすごく分かりやすくインスタントな反応があります。


百聞は一見に如かずです。


上記はAmazonですが、私は楽天市場で購入しています。

少量サンプルもきっとありますので、

気になった方は一度体験をお勧めします。


ささっと水洗いだけじゃ済まされなくなります、きっと。


追記、、、後日更に怪しい物が、、、↓

野菜に付着した帯状フィルムは一体何? - いろんなキッカケ



広告を非表示にする